Atlasマンツーマン英会話が紹介する費用対効果の高い学習法とは?|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

Atlasが勧めるNHK英語学習活用方法|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
Atlasが勧めるNHK英語学習活用方法

英語を話せるようになるにはスピードラーニングのように聞き流してはいけない。英語を話して口の筋肉を英語用にしなければならない。それにはNHKのラジオ英語講座は素晴らしいコンテンツといえる。

毎年Atlasマンツーマン英会話に通いながら、自宅学習をNHKの英語講座をフル活用する会員は多い。彼ら・彼女らがどのように英語を学んだかについて触れておこう。

ほとんどの会員は英語を学び始めたのは20代中盤から30代後半からだ。それまでほとんど英語に触れる機会はなく、英語を話すことなど全くできない普通の人がほとんどだ。

英語を話せるようになりたいと考えたときは、よくありがちな英文法や英単語を覚えることからスタートしている。しかし、独学で英語を勉強することはモチベーションの維持ができず、挫折してしまうという。

英語をあきらめかけた多くの人は、Atlasマンツーマン英会話の体験レッスンを受けてみて「これならできる」と思い入会した。同時に自宅学習の大切さも理解し、NHKのラジオ英会話を始めたという。

このラジオ英語講座の特徴は、毎月テーマに沿って様々な表現や自然なネイティブの英語を学ぶことができる。一般的な日常英会話をテーマにした講座になっている。また、放送時間は、平日の各15分放送されており、5日間で合計75分聞くことができる。

具体的なラジオ英語の勉強方法のポイントは、ラジオ英会話のみ、まずは1年間やりとおすことだろう。あれもこれもと違う番組や書籍教材に手を出すと身につきずらくなるからだ。

どのラジオ講座から始めるのがいいかと悩む人は多いが、一般的な社会人であればラジオ英会話がベストだ。中学レベルの英語のため、さほど難しくなく、例文を聞いてすぐに使いこなせる人は意外に多くない。

また、ビジネス英語を少し話せるひとは日本のビジネスマンにはいるにいるが、ビジネスが終わった後のネイティブとの雑談(日常英会話)に苦労する人にとっても相性のいいコンテンツになっている。

多くの日本人が、文法ができない思い込んで、レベルがかなり下の基礎英語シリーズから始めるひとがいるが、実際にはラジオ英会話を1年やり通し、2年目に基礎英語2と3の併用をお勧めしたい。こうすることで、英文が完了形になる意味などが自然に理解できるようになるからだ。

また、同じく日常英会話をテーマにしながら、英語を口に出すトレーニングに最適の英会話タイムトライアルもやってほしい。これもラジオ英会話を1年間やり通した後のほうが、効率的に学習できるようになるはずだ。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年