Atlasマンツーマン英会話が紹介する費用対効果の高い学習法とは?|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

通学型の英会話スクールとオンライン型のフィリピン人スクールについて|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
通学型の英会話スクールとオンライン型のフィリピン人スクールについて

株式上場を果たしたオンライン英会話大手のレアジョブは、フィリピン人と日本のユーザーを英会話という形でつなぐビジネスモデルは、多くの競合他社の参入を経て、今新しいステージを迎えることになる。

月6,500円のオンライン英会話レッスンはどのように登場してきたのか。15年にわたりオンライン英会話スクールを運営してきたAtlasマンツーマン英会話では、その謎を解くためにフィリピンのマニラにスタッフを派遣した。

気温35度、人々の喧騒で溢れる首都マニラの空港から中心部へ北上すること1時間。フォリピン大学のキャンパスがあるケソン市内に入り、現地オフィスに入れていただいた。

東京の本社より広いフロアに約100名の現地スタッフが働いている。ここでフィリピン人たちの採用面接を行っている。レアジョブの基本サービスは付き6,264円の定額料金で、無料通信ソフト「スカイプ」を通じてレッスンが受けられるというものだ。

現在はフィリピン全土に多くの先生を抱えているが、新規採用は人材をつなぎ留めることがサービスの質を保つ上で重要になってきている。現地では同じ日本人が経営するオンライン英会話スクールや中国系や韓国系のオンラインサービスもオフィスを開設し、いよいよ人材の争奪戦が過熱しているようだ。

現在、国内の成人向け英会話ビジネスは約2,000億円の市場があり、その80%以上を大都市の駅前にある英会話スクールが占めている。それに対してオンライン英会話は約50億円未満と見られ、ここでは一定の英語力を持つイノベーターが利用するサービスに過ぎない。

実際にフィリピン人によるオンライン英会話が広がり始めた2009年頃は、まず圧倒的なレッスン料金の安さと手軽さに注目が集まっていた。ところが、最近はDMM英会話などオンライン英会話に多くの新規スクールが参入したことで競争が激化し、レッスン料金などの値下げにより生き残りをかけている。大手英会話スクールから客足を奪うことに照準を絞るスクールも出てきた。

もし、ベルリッツやGabaで週1回40分のマンツーマンレッスンを受けるとなれば、1年間で100万円以上のレッスン費用がかかる。この金額を継続して負担できる人は、費用の一部か全部を補助負担してくれる大企業の社員しかいない。

どうすればより多くの会社員に良質なマンツーマンレッスンを提供できるのか。Atlasが至った結論は、すでに広がっているフィリピン人による格安オンライン英会話の安さに、高い品質のカリキュラムと独自開発した有料通信ソフト、ビジネス経験豊富なネイティブ講師の採用という質を融合することだった。

約2年の準備期間を経て、レッスン単価にしてベルリッツやGabaの3分の1以下のサービスが完成すると、旧来の英会話スクールがひそかに研究するほど注目を浴びることになった。

Atlasのマンツーマンレッスンは全体のカリキュラムに沿って進められる。まず初回の体験レッスン時に、自分の英語力によってレベル分けをされる。レベルは9つに分けられている。

レベル1は中学生英語で始められる日常英会話で、反復練習を含めた基礎を叩きこむレッスン。一方、レベル3以上はおおむねTOEIC500点以上のレベルのユーザーが対象でビジネス英会話が学べる。英語でのプレゼンや会話フローなどがある。

現時点で世界30ヵ国、1,000人以上いる外国人講師の中には、ビジネスパーソン以外にも会計士や弁護士といった専門職の人も多数所属している。60分のマンツーマンレッスンは毎回払いでオンライン英会話e-Atlasは1,950円、札幌エリアで2,500円、横浜・名古屋・大阪エリアで3,000円(全て税込)で、競合と比べて3分の1ほどの料金設定にしている。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年