Atlasマンツーマン英会話が紹介する費用対効果の高い学習法とは?|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

TOEIC解析で見えたAtlasのスコアアップ方法①|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
TOEIC解析で見えたAtlasのスコアアップ方法①

TOEICの点数がキャリアの条件になるのなら基準はなるべく早く超えておきたい。ここでは短期集中で成果を上げることでAtlasマンツーマン英会話と他の英会話スクールを比較した。またTOEICのテスト解析をあるIT企業にお願いした。

Atlasでは厳しい指導をしない。頭ごなしのスパルタ教育はできない。生活パターンを見直して英語学習の時間をひねり出し、決まった分量を集中して勉強できるような道筋をつくらせる。そのため、徹底して、受講者自身の口からその方法を語らせるのだ。

その方法で追いつめられると、つい毎日のスケジュールや習慣を自白してしまう。朝は普段より1時間早めに起きて、通勤時間にリスニングを30分、ランチは素早く済ませて30分を捻出。酒は控えめにし、その分は翌朝の自習で取り返す。

LSでカウンセラー向き合っていると、なぜか生活指導を受けている気持ちになる。しかし、この厳しい英語学習を脱落せずにやり遂げたいという気持ちもわいてくる。

そして、マンツーマンレッスンの最後に、1週間でこなすべき学習量の説明が行われる。その膨大な量が、Atlas名物といわれる所以だ。

まず、TOEICの再頻出単語を1000丸暗記し、文法を解説したテキストを100ページ分5回を精読する。そして10の会話文を音声のリスニング教材を使って可能な限り聞き返すことだ。

TOEICのスコアは海外赴任者や昇進の条件になるなど、企業の人事評価に根付いている。そうであればできるだけ効率よく、最短ルートで目標を達成するのがオトナの勉強法というものだ。

Atlasの看板コースでもあるTOEICコースは、600点、730点、800点コースに分かれている。過去の受講者の平均スコアアップは141.7点だ。より入門者向けの600点コースでは164.8店。わずか3カ月でこれだけの成果が上がるとあって、会社から目標スコアを課されたビジネスマンの駆け込み寺になっている。

会員の30代男性は、使いこまれたテキストを持っていた。聞くとAtlasに通うのは8回目で、先月のTOEIC公開テストでは165点アップを実現させた。大手製造業勤務で、将来は海外市場とやり取りする部署に異動したいのだという。会社がTOEICスコアを求めているわけではないが、730点取って人事部に異動希望を胸を張って出せるようになりたい、と語る。

いかに最短ルートの英語学習を目指すとはいえ、Atlasはキャリアを懸けた人々の真剣勝負になっている。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年