Atlasマンツーマン英会話が紹介する費用対効果の高い学習法とは?|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

NHKテレビ・ラジオ英語講座の秘密① 番組制作のこだわり|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
NHKテレビ・ラジオ英語講座の秘密① 番組制作のこだわり

なぜ、NHKの英語講座は人気があるのか。その秘密を探るべく、Atlasは東京都渋谷区にあるNHK本社の番組制作現場の見学を行った。

年間約1000万部の販売部数を誇るNHK英語講座のテキストだが、英語以外にも中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・ロシア語・アラビア語などのテキストは約500万部の販売部数があり、全部合わせると約1500万部となる。まさに語学教育、特に語学教材のモンスターだ。

そのNHK語学講座だが、1920年代の日本初のラジオ放送から4ヵ月後に英語講座がスタートし、それから約100年が経とうとしている。毎年、英語講座は休みことなく放送され、テレビ講座は1970年代に登場した。現在もなお、多くの日本人の英語教材として親しまれている。

その秘密は、我々がNHK英語講座の制作現場に足を踏み入れ、各言語の外国人講師や出演者、プロデューサーたちに取材をしたところ、番組制作へのこだわりにあると結論を出した。

収録が始まる前は穏やかな雰囲気だったが、いざ収録が始まるとピリピリした雰囲気になり、出演者もプロデューサーも厳しい言葉が飛び交うなど真剣そのものだ。

数10言語講座を制作するNHK英語講座だが、実は語学のコミュニケーション能力を測定するCEFRに批准しており、レベルに応じて番組が分けられている。最も難易度が高いC1に位置するのが「実践ビジネス英語」だ。次いで、B2は「ニュースで英会話」で、難易度は下がっていく。

一番人気なのが「基礎英語シリーズ」で、中学3年生レベルの「基礎英語3」は毎年100万部を超えるベストセラーになっている。現役中学生よりも英語の学習をやり直すオトナの人気が高いそうだ。

NHK英語講座は、放送時間が短く、日本語による解説が多いため英語学習には不向きという声もある。しかし、そのことはNHK関係者も理解しており、あくまでも英語学習を続ける上での基礎力とやる気を維持するのが狙いだ。

番組を聴いたり、見たりして楽しみ、英語を習得する上での基礎となる。そのための有料コンテンツがNHK英語講座にはたくさんある。

1  英会話タイムトライアル

中学・高校と数100時間の英語学習を経験しても、英語を話すことができない日本人はなおも多い。それはとりもなおさず、話すトレーニングをきちんとしたことがないからだ。

そんな人にチャレンジしてもらいたいNHK英語講座が英会話タイムトライアルだ。この講座では、1日10分、週5回にわたり、日常会話でよく使う表現を瞬発力を鍛えながら、アウトプットの練習ができる。

レベルは中学2年生程度の単語や文法がわかれば問題はない。しかし、意外に言葉が出てこないのは、単語だけでなく、文章で話せるようになっていないということだろう。

2  スーパープレゼンテーション

テクノロジーやビジネスなどの分野で世界をリードする人物が英語でプレゼンを行うTEDカンファレンス。インターネットで誰でも見られるが、英語の苦手な日本人のために、テーマを選択肢、解説を付けた番組がNHKのスーパープレゼンテーションだ。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年