アメリカのビジネススクールで学ぶ英語力 上級編|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

アメリカのビジネススクールで学ぶ英語力 上級編|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
アメリカのビジネススクールで学ぶ英語力 上級編

毎年多くの日本人がアメリカやイギリスのビジネススクール(大学院)に入るため渡航している。そのほとんどが帰国子女ではなく、大学までに豊富な海外経験があったわけでもない人たちだ。この人たちはどのようにして、ネイティブと堂々と渡り合う英語を身につけたのだろう。

英語では主語の後すぐに述語が来るが、日本語では述語が最後に来るようになっている。日本人は、英文を最後まで聞いた後、頭の中で語順を変えて日本語に再翻訳するが、その間に相手は次の話をしている。この状態では、どうしいても理解の遅れが出てしまう。

多くの留学生が行っているリスニング方法は、英語の構造のまま主語と述語と前からの順番で文脈を捉え、そのまま理解していくようにしているのだ。そのためには、まずリーディングでその方法を習得する。

まず英文を読んで、単語が出てくる順に意味を理解して完全な日本語の文章にしようとしないこと。毎日、そういう形で、英文を読み続けていくと、そのまま意味が理解できる力がついていく。

次にリスニングでも同様のことを心がけると聞こえたままの順番で、相手の言わんとするすることを理解していけるようになるのだ。また、自ら声を出して正しくスピーキングすることで、耳の筋肉と口の筋肉は連動しているので、正しく発音できないと耳から入ってこないし、正確に聞きとれないと正しく発音できない。

英語のスペルのローマ字をそのまま発するシャドーイングを繰り返すことで、ネイティブの発音に近づき、聞きとれるようになる。いわゆるスペルからの解放をされることが重要なのだ。

2つ目は、ブロークン英語でも相手に意図が通じればいいという気持ちでは、しっかりとしたビジネスはできない。間違った文法で話すと、ワンランク下の人間という先入観を持たれてビジネスがスタートしてしまうから不利になるのだ。

TOEIC900点以上の英語力を備えて、ビジネス現場の最低ラインにやっと立てる気持ちで文法をしっかりマスターすることが大事になってくる。ビジネススクールでは、基礎的な英語力がついていない人にはハードだが、一つのケーススタディを完全に理解すると大きな自信になる。

ビジネス文書だから文法や語彙は一般的で、努力すればほとんどの人がついていける。英語力ではTOEIC400点台だった人が、900点まで伸ばすことだってできる。

外国人と一緒に仕事したり、欧米のビジネススクールでビジネス英語を学んだりするには、英語力に加え、議論する力が必要になる。英語力が一般的に低い日本人が議論の場で臨む上で押さえておきたい基本がある。

それは、まずコンテンツ力だ。議論の対象になりそうなことについて自分の意見を事前に整理していく。英語でできないなら日本語で準備をしておく必要がある。そして、論理的に伝えるコミュニケーション力。英語では口で負けるので、相手よりも議論を高めて端的に話すことだ。

事前に準備した内容のある話を、論理的に話せば単調な表現でゆっくりした英語でも議論の相手は耳を傾けてくれるだろう。しかし、ふわふわした議論が続いていたらその方向性を修正したり、議論の視点を広げたりする発言をすれば、短くても価値のある重要な発言となることが多い。

とにかく効果的にその一言を投げかけることができれば、新たな視点や内容を生み出すことにつながり、議論がぐっと深まる。そして議論を大局的に俯瞰し、情報と情報を組み合わせて自分なりの意見を持つことが重要。その意見を適切な局面で言えるようになれば、語彙や表現力不足によるネイティブではない日本人のハンディは小さくなるはずだ。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年