旅行で訪日する外国人が増えたことで英語熱が高まっているサービス業従事者たち|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

旅行で訪日する外国人が増えたことで英語熱が高まっているサービス業従事者たち|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
旅行で訪日する外国人が増えたことで英語熱が高まっているサービス業従事者たち

訪日外国人は2013年に1000万人を超え、2020年の東京オリンピック開催に向けて年間3000万人が射程圏内に入ってきた。それに伴い、英語の必要性を感じている人が増えている。特にサービス業従事者にとっては死活問題になっている。

デパートやセレクトショップ、美容室、外食産業でも外国人客が増えている。データではほぼ半数の人が職場で英語が話せなくて困ったことがある、と答えている。また、その中で日本的なおもてなしまでのレベルアップのために英語を話せるようになりたいと考える人も多い。

外国人にとって、日本で旅行するということ自体、言語の壁は以前として高いもの感じている。官公庁がまとめた調査を見ても、外国人が日本旅行中に一番困ったことの1位はLANの公共利用の不足で、2位はコミュニケーションだ。

東京オリンピックに向けて、サービス業のための英語が一大ビジネスになりそうだ。各英会話スクールではサービス業向けの英語研修プログラムを始めている。

また、にわかに注目を集めているのが通訳士だ。プロの通訳ガイドになるには国家資格が必要だが、現在のところ合格率は15%弱と難関になっている。英語の筆記試験をはじめ、日本の地理や歴史、一般常識に関する筆記試験に合格し、面接試験をパスしなければならない。

東京オリンピックのボランティア募集条項はまだ明らかになってはいないが、通訳ガイドが有利になるといってもいいだろう。2014年度からはTOEIC830点以上、SW版テストでスピーキングテスト150点以上、ライティングテスト160点以上の人には筆記試験が免除されることになり、通訳ガイドの受験者が増える見込みだ。

合格者の平均年齢は30代後半だが、50代、60代以上も全体の3割ほどだ。シニア層に人気の理由は社会参加したいという二―ズとも関係がある。訪日外国人を誘致したい自治体などは、シニア層でも英語が話せて通訳ガイドの資格を持つ人を地域振興の観光ボランティアに優先して採用したいと考えているのだ。

定年退職したものの、まだまだ元気に働けるシニアにとって、英語で第二の人生を切り開ける時代になるかもしれない。アジア諸国の企業が生産管理部門で日本人の技術者を必要としているそうだが、現地の言葉ができなくても英語が話せれば業務に支障が出ないだろう。英語ができることによって、自分の経験を新興国に伝えることができそうだ。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年