TOEICの傾向と対策 効果的スコアアップの勉強方法 パート1~4の攻略法|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

TOEICの傾向と対策 効果的スコアアップの勉強方法 パート1~4の攻略法|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
TOEICの傾向と対策 効果的スコアアップの勉強方法 パート1~4の攻略法

TOEICは、リスニングとリーディングの能力を問われる英語テスト。試験時間はリスニング45分、リーディング75分で100問に解答する。最高点は990点満点で、対象にしているのは、英語圏で仕事をするときに、職場やホテルで日常的に使える英語だ。

文法は、中学英語で70%はカバーできる。語彙は中学英語で習う単語100語に、高校英語2000語を含めて約3000語で100%カバーできるよう問題が作成されている。

TOEICのために勉強して高スコアを取ることは、効率よく英語の実力をつける道でもある。このようにシンプルな英語のテストだが、高スコアが難しいのは解くスピードが必要だからだ。

2時間で200問を解くのはとてもハードだ。リスニングで問題を先読みしながらネイティブスピーカーのスピードについていけるのか。またリーディングはいかに速読しながらペースを保っていけるのかが重要だ。

しかし、テストの構造を理解し、解き方の練習をすれば誰でもスコアは上がります。まずは実力を知るために新公式問題集をやって自分の現銃を把握すること。そしてさらに上を目指していく実力を高めることです。ここでは、TOEICの高いスコアを取る方法を解説していきます。

まず、パート1のリスニングセクションでは、写真描写問題がありますいが、問題用紙には1問につき写真1枚が印刷されています。4つの英文は流れ、その写真を的確に言い表わしているものを4つの選択肢から1つ選択するテストです。

文章は短く、構文は単純で使われる語句も中学英語レベルなものが多く、初心者でも解きやすいパート。上級者でも気を抜いたらミスするような問題が数問入っています。正解率を上げるコツは、問題が読み上げられる前に写真をよく見ること。

目立つ部分を言い表わした文が正解になることが多いので、特徴を捉えることが大切。場所や人物の動作や状態、位置関係などがポイント。1問ごとに英語音声が4つ流れると、5秒間の回答時間が与えられている。すべて読み終わった時点で解答ができていると、5秒の間に次の問題の写真を先読みして観ておける。

パート2は応答問題。問題用紙には何も書かれていないが、英語音声が1つ流れ、それに対してABCの3つの選択肢の英文が流れ、解答としてただしいものを選択する。最初の英文は約90%が質問文となっている。この質問を誓い出来ていないと答えられないので、確実に聞き取ることが重要となる。

ポイントは出だしの1語だが、質問文にはWH疑問分とYes/No疑問分があるが、WH疑問文の場合は、Where, When, Who, Howなど疑問詞の1語だけで解答ができるケースが多い。一方、Yes/No疑問分の場合は、YesかNoかで答えないケースもあるので注意が必要。

パート3は会話問題。まず会話の英語音声が流れた後、質問が読み上げられ、4つの選択肢から正しい答えを選ぶ。内容は同僚・上司と部下など職場での会話が半分以上を占め、その他に電話での会話やホテルやレストランなどのシーン別場面が多い。

パート3から難易度がグンと上がり、パート1と2では読む文はなく、英文も短いので集中すれば初級者でも何とかなる。しかしパート3は長い会話の聞き取りが大変で、その合間に質問と選択肢を読み回答しなければならない。

そのタイミングで読み、聞いて、解答するか時間の使い方に慣れることが大切だ。また攻略のポイントは先読みだ。リスニングセクションのすべてのパートの始まりで、問題の解き方などの説明が約30秒入る。この間に1つ目の問題を先読みできるのだ。

パート3では会話文は書かれていないが、問題用紙には質問と選択肢が印刷されていて、これを先読みすることができる。3つの質問とそれぞれ4つの選択肢に目を通す。多くの人は30秒あれば読める英文だ。

問題と質問が頭に入ったら、どんな会話なのか、会話文をどこで聞きとればいいのかを事前に考えることができる。その状態なら、会話文を聞いている時点で解答がわかるようになるので、瞬時にマークしていく。ほぼ会話の流れと同じ順序で問題が出てくるので会話文が終わった時点ですべて解答できるはずだ。

会話文の次に、問題文が読み上げられる。選択肢は読まれない。1問読み上げることに8秒間の回答時間があり、合計で約41秒ある。すでに解答が終わっていれば、この41秒で次の問題と選択肢を先読みすることができる。

このペースで最初から最後まで先読みできれば回答率は100%になるだろう。実際は会話文を読み終わった時点ですべて解答できているというのを続けるのは、相当な慣れがないと難しい。

そうなっても、問題読み上げは40秒もあるので、10秒悩んで解答してもまだ30秒もある。落ち着いて解答していくことだ。2つ目の質問文が始まるぐらいのタイミングで次にいければ間に合うだろう。

リーディングスピードが速い人は、さらに時間の余裕があるはずだ。答えがわからなくなったらさっさと捨てて次の問題にいくこと。2つ目の会話問題が終わった時点で問題用紙のページ切り替えがある。アナウンスと8秒のインターバルがあるので少し取り戻せる。

先読みする時間が足りなくなったら、質問文だけ読んで会話文を聞く。これだけでも大きく違う。さらに遅れて、後手に回ってしまったら頭を切り替えて普通モードで解くようにする。

パート4は説明文問題。会話文の代わりに1人称トークを聞いて質問に答えると言う問題形式で、それ以外は基本的にパート3と変わらない。攻略法もパート3と同じ先読み作戦が有効的だ。

内容は、式典の開会式、受賞スピーチ、工場見学ツアー、電話でのホテルの予約の確認や変更、ニュース番組など多岐にわたる。これも問題の先読み作戦が大きな効果を発揮する。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年