仕事で使うビジネス英語は暗唱できるまで練習 上級編|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

仕事で使うビジネス英語は暗唱できるまで練習 上級編|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
仕事で使うビジネス英語は暗唱できるまで練習 上級編

ビジネスに自分の言いたいことを相手に正確に伝え、納得させるアウトプット力が必要になる。子供じみた会話では教養が疑われたり、この会社大丈夫か?と思われることもある。そこでビジネスの実践で使われる用語や表現を習得する教材を使用する。

話せるようになるには、ある程度の語彙や会話表現を頭にインプットする必要がある。それにはまず、基本例文を徹底的に音読し、スラスラ読めるまで練習することだ。そしてシャドーイング。最初は英文を見ながらネイティブの真似をし、慣れてきたら英文を見ないでシャドーイングの量を増やしていく。

最後に暗唱。テキストの日本語を見て、英語が言えるようになるまで練習する。電車の中で黙読したり、声を出さずに暗唱する練習も効果的だ。自分の業務に関係する用語や言い回しは特に何度も音読し、自分のものにする。

同時に、ビジネスの現場で英語を使うには、話す内容を想定したアウトプットの練習が必要だ。取引先の外国人ビジネスマンを想定して、英語で説明する練習だが、会社説明や工場・事務所案内、製品の紹介など業務に関係するものや日本文化(日本食や食文化)に関係することも英語で説明する練習をしておけば、取引先の外国人ビジネスマンと歓談する時に役に立つ。

慣れないうちは日本語で要点を書いてから英訳したほうがいい。わかりやすく話を組み立てているかどうか、語彙や表現は的確かどうかなどを見直しながら行うと自分の弱点がわかってくる。

アウトプットの練習としては、自分の目に入ったものを英語でつぶやいてみることがお薦め。会話ではすぐに反応することが求められるが、描写していくのはそのトレーニングになる。

語学学習は一人よりも仲間がいたほうがずっと楽しく効果も大きい。夫婦や恋人、または家族で一緒に勉強するのもいい。日本語の例文を英語にするクイズを出したり、夕飯時に英語オンリーで会話するなど、ゲームとしても楽しめる。親子で英語の暗唱をして誰が一番、ネイティブの発音に近いか競っても面白い。

最後に、会社の先輩や同僚などの英語の説明を聞く機会があれば、積極的にいいところを取り入れるようにして表現力をアップさせることができる。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年