なぜ日本人は英語を話せないのか?「英語脳と日本人の性格」|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

なぜ日本人は英語を話せないのか?「英語脳と日本人の性格」|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
日本人は日本人に合ったやり方しかない英語学習
 

3.なぜ日本人は英語を話せないのか?「英語脳と日本人の性格」


2つ目に挙げるのは、英語の思考回路ができあがっていないことです。他の言い方をすれば、あまりにも日本語を介入しすぎている、ということです。
 

これに関しては、日本の学校における英語教育の問題点に関して指摘する必要があります。そもそも中学校は高校受験のため、高校は大学受験のため、という考え方を持っている教育者があまりに多いのが問題なのですが、ここではそのやり方に注目します。
 

おそらく多くの日本人が学生時代経験した英語の授業と言えば、教科書の日本語訳を考える、英単語の日本語訳を覚える、文法の説明を日本語で聞く、といった感じでしょう。私はこれらのやり方を全面否定するつもりはないですが、全く基礎がない段階ではやむを得ない部分もあるでしょう。
 

しかし、義務教育の6年間+大学で英語を勉強したにも関わらず、これだけ英語を苦手とする人間が多いのが現実である以上、これがベストなやり方でないということは誰の目にも明らかです。
 

ここで最も問題視すべきは日本語を介しすぎているという点です。この大事な基礎を積み上げるべき6年の間に日本人の頭の中では「英語を使うときは日本語を介入させる」という癖がついてしまっているのです。
 

そのため、いざネイティブを目の前にしても日本語でまず文を頭の中で組み立てたり、相手が言っていることを日本語訳するということが起きてしまうのです。英語を英語のまま 理解し、話す思考回路を英語脳と呼んだりしますが、日本人の頭の中にはこの英語脳が基盤すらできていないと考えられます。
 

一方、日本人の性格については多くの日本人にあてはまるだけであって、日本人全体として語られるべき話ではありません。また、私自身は心理学などの分野に精通していないためこの部分に関して具体的な対策を提示することは残念ながらできません。
 

しかしながら、日本人の性格的要因が英語学習を大いに妨げているであろうことは長年にわたって多くの人間が指摘しています。一般的に日本人は消極的だと言われる理由は、「自分の英語力の完成度が高くないから」、「間違えたら恥ずかしいから」などと言って実際に使おうとしないからでしょう。
 

そもそも言語に限らず何かを習得する際には失敗の連続は必要不可欠です。私は北海道で生まれ育ったこともあって、スキーが趣味ですが、幼い頃にはほぼ平らなファミリーコースで何百回と転びました。
 

しかし、その経験があったからこそ今は自分で好きなように滑れるという楽しさがあると感じています。英語も同じで外国人と話して伝わらなければまた家に帰って何が原因だったのかを分析し、練習してまた話しにいけば良いのです。
 

失敗しなければ何が問題なのかすら分かりません。またそれとは別に、日本人の性格で問題なのは時間的効率を考えすぎている点です。書店に行けば「5日で英語が話せるようになる」や「3日間でネイティブレベルに」なんていう学習時間の短さを売りにした本は山ほど並んでいます。
 

事実、現代の忙しい日本の社会人には英語に費やせる時間は少ないかもしれません。しかし、英語はそんな短期間やって身につくようなものではないということを理解しなければいけません。時間効率を意識しすぎるとむしろ長い目で見れば効率が悪くなってしまうかもしれないのです。
 

悲しいことに一日30分を数ヶ月続けただけで英語が伸びないと諦めてしまう人も多くいます。そんなことにならないために英語にはある程度の長期的な積み重ねが必要なのであるであるということを頭に入れ、目標も長期的に立てることが望ましいわけです。
 

ここでは3つの要因について触れましたが、細かく見ていけば学習者一人一人にも改善すべき点が見つかるはずです。まずは自身の英語に関する考え方、そして学習方法を冷静に分析し、それにどう取り組むべきか一度考えてみましょう。
 

Index 4.日本人が英語を話せるようになるには 「6つの掟」
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
ご紹介キャンペーン 駅前求人
ページのトップへ