外国人向け観光案内で学ぶ英語で伝える日本文化|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

外国人向け観光案内で学ぶ英語で伝える日本文化|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
外国人向け観光案内で学ぶ英語で伝える日本文化

外国人に日本の文化や歴史について聞かれ、答えられなかった経験を持つ意外と多い。日本についていかに英語で語るか。その技を磨ける格好の手段がある。日本にいながら英語漬けの一日を過ごすことができるのがはとバスなど外国人向けツアーだ。

はとバスなどは、外国人観光客向けに、英語や中国語のガイド付きで東京や周辺の観光地を巡る外国語ツアーを毎日開催している。このツアーが始まったのが1953年と古く、すでに反席以上の実績がある。

日本人でも参加は可能で、外国人と行動を共にしながら生の英語に触れられるということで、英語学習目的で利用されるケースも多いようだ。観光オフシーズンの冬だと、80%以上が日本人になるという。

しかし、日本人向けの東京観光ガイドとは、話す内容が変わってくるという。車内は台本なしで、流暢な英語で東京と日本文化の説明が繰り広げられる。皇居はかつて英土壌として将軍が住んでおり、将軍と天皇はどう違うのかという解説や東京タワーのオレンジ色の意味であるといった話や渋谷などの繁華街の説明もする。

浅草に向かう高速道路では、1964年の東京オリンピックの際に造られた道路であることを説明し、2020年の2度目のオリンピックに向けて都内各所で新しいインフラ整備が進んでいることに言及する。

途中、秋葉原を通過する際に、メイドカフェや猫カフェなどアキバならではの説明やアニメおたくという存在について多少おおげさにユーモアを交えて説明していく。かくして、約3時間半の英語漬けツアーが終了した。他にも東京湾クルーズや富士山まで足をのばすツアーもある。

英語での商談や専門領域の説明はできても、外国人から日本文化や歴史について聞かれ、ろくに話せなかったという経験を持つ人は多い。日本のことを英語でどう説明するか。それを学ぶ意味でも、こうしたツアーに参加する意味いはありそうだ。

実際、英会話の練習のために、はとバスツアーへの参加をAtlasでも勧めている。そんな中、Atlasでも昨年から会員を対象とした英語バスツアーを札幌、横浜、名古屋、大阪でも開催した。

教室で学んだ英語を実践練習する機会として、会員がガイド役となって外国人講師に観光地を案内するものだったが、ツアー中は日本語を禁止して、40人程度の参加者はグループに分かれ、自由行動時に行きたい場所や時間配分などを英語で話しあった。外国人講師へのガイドも各人が持てる知識と英語力を総動員して臨んだ。

そもそも日本文化に関する知識とその説明力だけでなく、とっさのアドリブや会話が途切れた時の微妙な間を埋める世話話など、ツアー中に鍛えられるコミュニケーション力は幅広い。会員の満足度は高く、今後も開催をしていく予定だ。特に2020年に向けて、英語での観光サービスへの関心は高まるばかりだ。

また、札幌であれば大通公園や道庁といった観光地で外国人観光客に声をかえ、ボランティア通訳を買って出るという方法もある。横浜なら中華街、名古屋なら名古屋城や少し足を延ばして伊勢神宮など、そして大阪や京都には多くの観光スポットがある。

意外に、英語力より日本語力が問われるのが観光ガイドの特徴だが、英語での説明を丸暗記して話しても、うまく伝わらないことが多い。その時にどう言えばうまく伝わるのか。まずは日本語でいかにわかりやすい説明ができるかが大切だ。

2020年に向けて、日本を英語で説明するというスキルは、ますます重要になりそうだ。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ