2020年東京オリンピックに向け個人や地域、企業で高まる英語熱|大阪梅田マンツーマン英会話スクールAtlas

ここまで広がった英語ができて当たり前の企業とその職場環境|大阪梅田のマンツーマン英会話ならAtlas


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
2020年東京オリンピックに向け個人や地域、企業で高まる英語熱

日本全国の商店街やモールでは、「英語少し通じますキャンペーン」を進めている。外国人講師とアシスタントの日本人講師の2人制で店舗を訪問し、英語であいさつから買い物に関する説明、会計、お札の数え方まで英会話スクールが用意した会話集に沿って、シミュレーションするのだ。

念頭にあるのは、年々全国で増え続ける外国人観光客への対応と2020年に開催予定の東京オリンピックだ。外国人観光客は、名所観光よりも東京以外の大都市の街歩きや地元の日常生活を経験したいというニーズが高まっている。

英語を話せます、というより、少しなら通じます、というのがポイントになっている。それなら来店する外国人観光客も過剰な期待を持たないし、店舗側のプレッシャーも低くなるようだ。

これまでモールや商店街で実施し、賞味期限の説明やサイズの説明を英語でどう表現したらいいのかなど学んでいた。そもそも商売人なので接客は上手だ。英語が得意ではないにしろ何とか身ぶり手ぶりで説明しようとし、笑顔も途切れないという。

また自治体の行政関連では救急隊などアメリカに研修に行き、現地の救急車に同行し、実際の救急対応を見学した。国内では英会話スクールによるレッスンを重ね、英語以外の症状の尋ね方や諸外国の文化背景を理解した上での接し方を学んだ。イスラムなど国によっては安易に体に触れてはいけないなど、多言語での注意事項は多い。

そして、サービス面では英語対策を始める小売業や和食レストラン、居酒屋チェーンなどで英会話スクールが社員の英語研修の依頼が増えているという。

一方、東京オリンピックに向けて、英語教育改革の動きもある。文部科学省は、現在の小学5年生から始まる英語の授業を2018年には小学3年生から実施する方針を掲げている。特に英語の4技能を総合的に伸ばし、大学受験にも取り入れていこうという議論が行われている。

日本の産業界では英語は必須としているが、社会全体を見渡しても、東京オリンピックに向けてその動きは加速しているように見える。

Index Next
生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
全国の求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年