大阪・名古屋エリアのマンツーマン英会話

  • 講師インタビュー
  • 法人プラン
  • キャンペーン一覧
  • コラム
お問い合わせ
英会話の途中で挫折しない秘訣「レッスン中は日本語を忘れてください」

 

Atlasでも、初心者の方に特に多いように思いますが、日本人が英語を話そうとするときは、まず最初に日本語で文章を考え、そして頭の中で英語に翻訳して話すのが今までの一般的なパターンです。

しかし、これはあまり効率的な方法でありません。日本語で考えた文章を、そのつど英語に訳す週間がついてしまうと、英語に対する瞬間的な反応ができなくなります。

相手が何か言葉を投げかけてきても、答えるまでにかなりかかってしまい、月にいる宇宙飛行士と交信しているような会話になってしまいます。会話と会話の間に空白ができ、相手がイライラしてきますし、会話の流れ自体もよくわからなくなってきます。

頭の中で表現したい適切な言葉をいちいち探す必要はありませんが、何もピッタリの言葉ではなくても、それに近い言葉を使えばいいのです。

表現したいことの意味が多少は違えど、その時の会話全体の流れで、相手は十分理解してくれます。瞬間的に反応できるかどうかのほうが大切で、「ウーン、アー」と考えこんでいるよりはずっとマシです。また、頭の中で訳していると、日本語の文章のクセがそのまま英語になりますから、不自然な文章になってしまいます。

生徒さんの声レッスン体験談
入会までの流れはこちら
無料体験申込はこちらから
  • 英会話 梅田
  • 英会話 名古屋駅前
  • 英会話 名古屋栄
  • 英会話 横浜
  • 英会話 札幌
  • 英会話 大通り
 
 
ご紹介キャンペーン 駅前求人 オンライン求人 大阪求人
ページのトップへ
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年